痩せやすい体質を作る腸内フローラサプリラクビの効果や口コミ

menu

ラクビ(LAKUBI)の効果が効かない!?

メタボの腹囲基準で女性の平均はいくつかしっていますか・・・?

メタボ健診とは

メタボと聞くと男性をイメージする方が多いかもしれませんが、女性でもメタボになりますよ!

そこで、メタボの腹囲基準の女性版平均はいくつなのか?について解説していきます。メタボ対策の方法についてもお伝えしているので参考にしてみてください。

 

女性のメタボ基準を知ってますか?

女性のメタボ基準とは?

現在、国で定められている女性のメタボ基準は腹囲(ウエスト)が90cm以上となっています。「え?90cm以下ならメタボじゃないの?ラッキー」って思ったらちょっと待って下さい。正直な話、このメタボ基準は極めて甘い数値だと言わざるをえない状況です。

これに対して、多くの専門家の間では、適正な腹囲数値は80cm以下であるという見解が広がっている程です。ですから、このままで行けば将来的に女性のメタボ基準が腹囲(ウエスト)80cm以下になる可能性も十分に考えられます。

そうなると、今まで90cm以下だから安心!と思っていた方も、一気にメタボ診断になってしまう可能性がありますよね!?

 

女性のメタボ健診方法は?

30代女性におすすめのダイエット方法

メタボを正しく判定するためには、腹周りである腹囲の測定を正しく行う必要があります。腹囲を正確に測るためには、まず正しい姿勢で立ち、メジャーをおへその位置に合わせて床と平行になるようにして背中から一周させて下さい。

 

ここで注意点があります。じつは、おへそを中心に腹囲を測ると、通常のウエストよりも少しだけ太めになり、女性の場合だと3~6cmも多くなる事があるそうです。この測り方は日本独特で、欧米などではもう少し下で測ることが多いそうです。ですから、正しい位置で測るのであれば、軽く息を吐いた状態で目盛りを読むとより正確な数値が出ます。

 

腹囲を正確に測定する事が出来たら、その数値に注目して下さい。女性は90cm以上、ちなみに男性の場合は85cm以上だと、メタボリック危険度に黄色信号が点等して、以下のチェックリストに2つ以上該当した時点でメタボと判定されてしまいます。

 

  1. 中性脂肪が150mg/dL以上、HDLコレステロールが40mg/dL未満。
  2. 最高血圧が130mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上。
  3. 空腹時血糖が110mg/dL以上。

少し前までは、「空腹時血糖が100mg/dL以上、ヘモグロビンA1c5.2%以上」や「喫煙歴があった場合は1つ以上該当したとき」などのチェック項目もありましたが、現在では、健康診断で計測する事が可能な血圧、脂質、血糖の数値から判断するという事で上記の3つとなっています。

 

健康診断などにより、メタボと判定されてしまうと、保健師からの直接指導を受けることになります。指導内容としては、まず食事の改善、そして体重の減少や運動の推奨などなど。約1カ月後に電話とメール、2カ月後には個別面談までする必要があるんです。

改善されていないと、更に指導が延長する可能性もあるので、お酒を減らしたり、野菜を多くとったり運動を取り入れたりと、ライフスタイルの見直しをする必要性が出て来ます。

 

身長を考慮したメタボ健診も・・・?

メタボ健診とは

上記のメタボ診断項目を見て「あれ・・・なんだか違和感があるな・・・?」と思った方も多いのではないでしょうか?そう、身長が考慮されていないんですよね。以前からこの指摘はあって「身長が高ければ、必然的にウエストも大きくなるだろうし、BMIにも影響する可能性があるので、見直しが必要だ」と言われてきました。

 

そのため、最近ではメタボリックシンドロームの新しい指標として、「腹囲÷身長=0.5以上」は要注意という基準が提案されてきています。この基準を採用することで、なんと98%以上のメタボの人を発見する事ができるという事です。ちなみに、ここまでで出てきた腹囲やウエストとはおへその高さの事を指しています。

 

新基準に照らし合わせてチェックしてみると、男性体験者の身長が178.8cm、腹囲が76.2cmだとすると、メタボ指標が0.426となり、基準値内となります。このメタボ指標が0.5を超えてくると、高血糖、高血圧、高中性脂肪、低HDLコレステロールのリスクが一気に高まると言われています。

ただし、痩せている・メタボ体質ではないからと言って安心してはいけません。痩せている人でも高血圧や高血糖の人は沢山いますし、メタボ指標の過信だけは絶対にやめましょう。25歳を過ぎた辺りからは、食べすぎ飲み過ぎには注意して、最低でも週に1回は汗をかくような運動を取り入れるようにしてください。

 

メタボ検診を行う理由とは・・・?

メタボ診断を行なう理由

メタボ体質は生活習慣病になるリスクが・・・?

そもそも、メタボ診断を行う理由とは一体何なのでしょうか?通常の場合、毎年の健康診断に加えて、公的医療保険の加入者は特定健康検査と特定保健指導を受ける事になっているのですが、一般的にはこの検診の事を『メタボ検診』と呼んでいます。

メタボの定義とは『内臓脂肪の蓄積により、ホルモンのバランスが崩れ、高血圧、高脂質、高血糖などの異常が起きている状』のことで、これが続くと様々な病、例えば糖尿病や脳卒中などのなるリスクが激増することから、メタボ検診ではメタボリックシンドロームの予防と解消に力を入れているのです。

 

これも当然ですが、メタボ=即病気という事ではありません。しかし、メタボ体質を放置するという事は、動脈硬化、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中といった命に直結する病の発症確率を確実にアップさせていき、血管や血液が正常に機能しなくなる生活習慣病になるリスクも高まっていきます。

ちなみにですが、2014年4月時点だと、40~74歳の男性で2人に1人、女性の場合は5人に1人がメタボだという統計結果が発表されています。

 

メタボが及ぼす体への悪影響でいうと、特に内臓に脂肪が溜まる事による血管への悪影響は認識しておきたいところです。脂肪過多になってしまうとインスリンの働きが低下していきます。そうなると、血管に異常がきたし始めていき、徐々に血圧が高まり血糖が多くなって糖尿病や脂肪分が増えて脂肪異常などの症状がでてくることに・・・。

その結果として、動脈が硬くなることで血管が詰まる病気である動脈効果を引き起こしてしまいます。実は、動脈硬化は日本人の死因の2位にランクインしている心臓病や3位にランクインしている脳卒中を発症させてしまいます。

 

増え続ける医療費を抑制する・・・?

予防医療という言葉を聞いた事があるのではないでしょうか・・・?病気になってから治療するのではなく、病気になる前から予防していくという医療です。

メタボ診断には、予防医療の一面もあるんです。あなたもご存じだとは思いますが、少子高齢化により医療費は年々増え続けています。そんな拡張し続けている医療費を抑える効果が本当の狙いだったりもするわけです。

動脈硬化、糖尿病、心筋梗塞、脳卒中といった一大事の病を発症する前にメタボ診断を行うことで食事療法、運動を取り入れ健康体を取り戻しておく。こうすることで、事前に重大な病を防ぐ狙いがある訳なんですね。

現在では、40~74歳が対象とはなっていますが、健康保険組合や国民健康保険などの全ての保険者に対して、メタボ健診が年に1回の実施が義務化されています。被保険者ではない場合でも、専業主婦や自営業者も義務化の対象なんですよ。

 

今のところ、法的な強制力はないのですが、メタボ社員の割合によっては、会社の医療費の支援金が最大で10%加算されるケースもありますし、逆に減ったりする案もあるほど。地方自治体毎の取り組みも盛んになっています。それほど、予防医療という分野に注目が集まっている、医療費が膨大になって財政を圧迫している自治体が増えているということです。

 

まとめ

メタボ女性

今回の記事では『メタボの腹囲基準や女性の腹囲平均はいくつかしっていますか・・・?』についてお伝えしてきました。

女性や男性のメタボ基準や、メタボ診断時の測り方、そしてそもそもメタボ診断を行う理由などについても解説しましたが参考になりましたでしょうか?

メタボが体に悪い事は間違いないので、ちょっとお腹周りが気になってきた・・・。という方は、健康診断で指摘される前に、食事療法や運動を取り入れるなど、健康に気を付けた生活をしていきましょうね!

また、痩せやすい体質作りというものが重要になってきますので、そういった意味でおすすめなのが腸内フローラを育てるラクビというサプリメントです。

当サイトは管理人が実際に試した情報を分かりやすくレビュー形式でお伝えしていきます。

>> ラクビ(LAKUBI)で腸内フローラを育てて痩せ体質を作る

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031