痩せやすい体質を作る腸内フローラサプリラクビの効果や口コミ

menu

ラクビ(LAKUBI)の効果が効かない!?

太りすぎの原因はなに?解決方法や予防方法も解説!

太りすぎ 原因 解決方法

太り過ぎて悩んでいる・・・という方も多いのではないでしょうか・・・?特に冬のこの季節になると毎年年末年始に向けて太ってしまうという方も多いはず。という私も分かっているはずなのに・・・年末年始に実家に帰って太ってはダイエットの繰り返し・・・。

 

冬などの楽しいイベントが多い時期は太り過ぎに注意が必要となります。

高カロリーの食事を食べる機会も増えますし、お酒を飲むことも多くなるでしょうから。

忘年会に新年会、お正月にクリスマスなどなど、冬には脂肪を蓄積させてしまうイベントが非常に沢山あります。

 

太り過ぎてしまう原因の一つは、もちろん食べたカロリーが消費カロリーを上回ってしまうことなのですが、その他にも運動不足になってしまいがちなのも太り過ぎを加速してしまう要因の一つです。

そこで今回の記事では、太り過ぎの原因や解決方法について詳しくまとめてみました。

 

太り過ぎの原因は・・・?

太りすぎ 原因 解決方法

イベントが多い季節になるとどうしても食べ過ぎてしまう事になります。

例えば食欲の秋なんていう言葉がある通り、秋になると食欲が旺盛になるもの。いつも以上に食事がおいしく感じてしまいます。

秋が過ぎれば鍋やお魚がおいしい季節がやってきます。

 

特に冬と言えば色々なイベントが目白押しとなっています。クリスマスやお正月に忘年会や新年会、まさに暴飲暴食をしてもこの時期だけは良いのではないか?そんな風潮が世の中に流れているような季節でもあります。

 

しかし、そんな事は身体はしったこっちゃありません。消費カロリー以上に摂取してしまえば確実に太っていきますから、この時期に太り過ぎてしまう人が多くなるのは仕方の無いことかもしれませんね。

太り過ぎてしまう原因は主に以下の3つとなります。あなたも当てはまっていないかチェックしてみてくださいね!

 

食べ過ぎ・飲みすぎ

基本的にお酒が入ると満腹中枢が麻痺してしまい、食べ過ぎの原因となると言われています。その点、、、。

  • クリスマス
  • お正月
  • 忘年会
  • 新年会

などのイベントでは、ご馳走が沢山でてきますし、会社や友人と楽しみながらどうしても暴飲暴食となってしまう訳です。

特に年末はカロリーの高いものを食べる機会が非常に多くなりますし、一緒にお酒もたくさん飲む事になります。

 

こんな機会が続くと、太り過ぎてしまう確率はかなり高くなってしまいます。

暴飲暴食により沢山たべた分を消費すれば問題はありません。ですから、沢山食べたにも関わらず太りたくないのであれば、沢山運動するしかありません。そうしないと、自然と太っていく事になります。

しかも、寒い冬の季節というのは、消費カロリー自体が少なくなってしまうのが現状です。これが太り過ぎの原因となっているんです。

 

運動量が激減する

先ほどもお伝えしましたが、食べた分運動しないことには太ってしまいます。

特に冬の季節はいつも以上に休みも多く運動をする機会も減ってしまうもの。

 

運動しないと太ってしまうことは分かっている・・・でも実践できていないという方が多いのが現状では無いでしょうか?

習慣化出来ているか、強い覚悟を持って実践しないことには運動を習慣化させることは難しくなります。

特に、積雪が多い地域になると外にでて運動することも出来ませんよね。ウォーキングやランニングがオススメなのですが、それも出来ない事が多いですし。

 

年末年始は休みが多い

冬などイベント時に太り過ぎてしまう原因は、暴飲暴食と運動量の減少だけではありません。休暇が多いということも関係があります。

休みが多いということは家にいる時間がどうしても多くなってしまいます。

家でゴロゴロしてしまうと何が起こるのか?というと、日常生活の中で消費するカロリーが著しく低くなってしまうという事です。

 

会社に出社していれば、電車にも乗りますし常に緊張感をもっていますし、ゆっくりする時間もないわけです。結果として消費カロリーも多くなる訳です。

それに比べ家でゴロゴロしてしまったり、寝る時間が多くなってしまったりすると、間食も多いし緊張感もない・・・これでは太ってしまっても仕方ないですよね。

 

太り過ぎを予防するためには・・・?

太りすぎ 原因 解決方法

太り過ぎでしまうと、待っているのは辛く長いダイエット生活です。ですから、太る前に防止するということが最も楽な方法と言えるんです。ここからは、太り過ぎないための予防方法についていくつかご紹介しておきたいと思います。

 

摂取カロリーを減らす

やはり摂取カロリーを減らすことはメチャメチャ重要です。例え太り易い外食であっても食べる量が少ないのであれば太ることはありません。

おいしそうな食べ物、好物が並んでいると食べたくなるのが人間ですから、我慢するのは大変なことです。

ただ、これをグッっとこらえて我慢できるかどうかが、太り過ぎないためには重要なことです。

そして、上記でもお伝えした通りですが、アルコールを摂取してしまうことで、判断能力も満腹中枢も鈍ってしまうのでお酒を沢山飲むことも避けた方が良いでしょう。

 

食べ順を変えてみる

食事のあるポイントに気を付けることで、太り過ぎを予防することができます。

それが、食べる順番となります。その順番というのが・・・

  • スープ系を飲む
  • 野菜系を食べる
  • 肉、魚系を食べる
  • 炭水化物系を食べる

この順番を意識するだけで、太り過ぎを予防することが可能です。

 

また、糖質のあるお酒と一緒に食事を摂取することも太る原因となります。そのため、ビールやワイン、日本酒なども糖質を多く含んでいるので、もしお酒を飲むのであれば焼酎やウィスキーなどの蒸留酒にすることをおすすめします。

 

太り過ぎの解消法は?

太りすぎ 原因 解決方法

予防法を知っておいても、飲み過ぎたり食べ過ぎたりしてしまうこともありますよね。

飲み会などの行って何も飲まないとか食べないでは空気が読めないと思われてしまいますしね。

 

ですから、もし休み期間中に太り過ぎてしまった場合には、すぐにダイエットをすることをおすすめします。休み明けに学校や仕事場に行って『なんだか太ったね・・・。』と言われてしまう前に、太り過ぎてしまった場合はダイエットで元に戻しておきましょう。

 

脳が太っている

今まで自分の食べたい分だけ食べ、飲みたい分だけ飲んでいた方は、脳が太っている可能性があります。

といっても、脳に脂肪がつくということではなくて、脳から「食べたい」という指令が頻繁にやってきます。脳が食べた時の幸福感を覚えているので、食べたい脳になっています。これを治さないと食欲を抑えることが難しくなります。

 

食欲を抑える

痩せるために一番重要なことは、摂取カロリーを減らすこと。食欲を抑えることはとても大変なことですが、ダイエットに成功するためには必須です。

 

プチ断食

一気にダイエット効果を実感するためには、プチ断食をしてみるのも良いかもしれません。

暴飲暴食により内臓も疲れ切った状態なので、仕事始め・学校始めの前に一度リセットしておくことは、ダイエットにも身体のためにも効果的です。

体内に溜まってしまった毒素をスッキリとだしてあげることも断食では可能です。きっと太り過ぎてしまった後には、重く感じてしまっている身体がプチ断食によって軽く感じるはずです。

 

まとめ

太りすぎ 原因 解決方法

今回の記事では『太りすぎの原因はなに?解決方法や予防方法も解説!』をテーマにお届けしました。

冬休みやイベント記事などは楽しいことが盛りだくさん、暴飲暴食をしてしまいそうになるとは思いますが、その後のダイエットの辛さを考えれば、予防をしっかりとしておくことが重要となります。

ただ、そこまで自分のことを律することができない時があるのも仕方のないこと。

そんな時には、今回お伝えした解決方法で太り過ぎを解消しておきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031